天然水とは

天然水はミネラルウォーターともいいます。自然に配合されたミネラルが豊富な水です。
ミネラルにより便秘改善やダイエットなど健康によい作用があるので、特に若い女性にも人気のようです。水は1日2リットルほど飲んだほうがいいようなので、飲むなら天然水を飲みたいものです。天然水にはカルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・サルフェートなどがバランスよく入っています。


カルシウムはご存じ骨や歯の原料になります。疾患予防やダイエット効果もあります。子供の成長にもよいです。
マブネシウムは神経伝達にも関係があります。狭心症や高血圧を予防します。激しい運動する人やストレスを受けやすい人にも有効です。
カリウムは血圧を下げる作用があります。血圧を上昇させるナトリウムを排出します。
便秘改善やむくみをとる効果も期待できます。不足すると無気力になることもあります。
また認知症の予防にも有効です。


ナトリウムは浸透圧やphの調整をしてくれます。過剰摂取すると高血圧になります。
ナトリウムとカリウムは細胞の中と外でバランスをとっています。他のミネラルの吸収を助けてくれます。
サルフェート(硫酸塩)はヨーロッパの水に多いミネラルです。血液中の老廃物を排出します。利尿作用があります。サルフェートは温泉に多く含まれています。


ヨーロッパの天然水は殺菌しなくても販売が許可されていますが、日本では殺菌しないと販売できません。ですから輸入されたミネラルウォーターの安全性に疑問があります。
日本で天然水が一番採水されている土地は、山梨県だそうです。また大分県の日田天領水の品質は高く評価されています。
硝酸性窒素が少ない水が安全と言われています。硝酸性窒素は生活雑排水や窒素肥料等から地下水などに流れこんで、体内に入るとガンやアトピー性皮膚炎など様座な悪影響を及ぼします。赤ちゃんの場合は突然死することもあります。硝酸性窒素はとても小さい物質なので、従来の浄水器では除去不可能です。今よく耳にするRO膜フィルター(逆浸透膜濾過方式)なら除去することができます。


日田天領水は硝酸性窒素がほとんど混入していないと聞きました。硝酸性窒素を検査できる水質検査キットも売られています。ネットで検索してみましょう。
ミネラルウォーターの硬度は数値で表します。1リットル中にマグネシウムとカルシウムが溶け込んでいる数値です。
酸性、アルカリ性、中性などのph値です。6~7.5のph値がおいしいと思う水だそうです。